高卒認定試験の対策なら個別指導のJ-Schoolへ

高卒認定(旧大検)のメリット



これからの道が無限に拡がる試験です。

中学校を卒業して高校に進学しなかった人や、高校を中退した人が進学したいと思ったとき、その後の道を大きく切り開いてくれる資格が『高卒認定試験(正式名称:高等学校卒業程度認定試験)』(旧大検試験)です。ですから学校が合わなかった、学校に通うことができなかった、いじめにあった、進路変更をした、病気、経済的理由など、様々な理由で高校を中退した人がこの試験に合格すれば、大学・短大や専門学校の受験や国家試験、さらには就職や転職などで、高卒者と同様の扱いになり、高校を卒業しなくても、自分の希望する道に進むことができます。


高卒認定試験は誰でも受験できる試験です。
受験年度の年度内(受験年度の3月末)までに16歳以上になられる方であれば、誰でも受験することができます。ですから極端に言いますと中学を卒業していなくても大丈夫なんです。自分が受けようと思った時がスタート時期だと考えて下さい。


高卒認定試験は『高校』以外のもう一つの進路です。

一昔前までは、中学卒業後は高校進学という固定した考えがありました。 しかし近年は高校以外の選択肢も多くなり、高卒認定試験は高校進学以外の一つの進路と考えられるようになって参りました。
ここ数年で学校生活に疑問を感じた人たちの中には、最初から高校には進学しないで、積極的に高卒認定試験を受験する人がいます。高校は3年間という就学期間がありますが、高卒認定試験は概ね1年程度で試験に合格できますので、合格後は趣味や大学受験の勉強などに時間を充てておられます。
自分の時間をどう使うかを考えた時、高卒認定は積極的な高校以外のもう一つの選択になっています。


高卒認定試験は大学・専門学校への進学はもちろんのこと、公務員試験、就職や転職。また公的資格試験などでも高卒と比較してハンディはありません。
高校を中退しても、高卒認定試験で大学受験の資格をとって、大学を卒業すれば、最終学歴が大卒にります。 高卒認定試験は文部科学省が主催する国の資格試験ですので、チャンと社会的に認められています。
ですから大学・短大・専門学校への進学。就職や転職、さらには公的資格試験などなどどの場合でも高卒に劣ることは一切ありませんから、ご安心下さい。


高卒認定は1年以内に取得することができます。決して難しくありません。
私どもスクールには高卒認定の学習を始められて2ヶ月でその年の試験に合格してしまう人がいます。
3年前より試験が年2回になったこともあり、J-Schoolでは半年から1年以内での合格をモットーにご支援をさせて頂いています。高卒認定試験は教科書が6割程度理解できているかを判定するもので、合格の定員はありません。内容的にも半分程度解ければ合格できますから、決して難しい試験ではないんです。


ブランクがあっても心配しないで下さい。自信を持って第一歩を踏み出してみて下さい!
J-Schoolでは10年以上のブランクをお持ちの方、中には40年以上のブランクのある方々もおられ、みなさん1年以内で高卒認定試験を合格されてきました。それは、誰でも気軽に学習できること、きめ細かな学習サポート、オリジナルテキスト・問題集と、中学レベルからさかのぼって無理なく指導していく独自のシステムにあります。高卒認定試験は一般的に考えられているほど難しい試験ではありません。
必要なのは「やってみよう!」「必ず合格したい!」というあなたの気持ちです。

↑ PAGE TOP